トップ > 活動内容 【活動報告】 > 岡山市で「防災研修会」を開催

岡山市で「防災研修会」を開催

 平成26年11月14日(金)、日本赤十字社岡山県支部において中山学区愛育委員会の皆さま27名を対象に「防災研修会」を開催しました。
 研修会では、まず「赤十字事業」についてお話しさせていただきました。
 また、災害時に避難所での生活を余儀なくされ、入浴ができない場合でも活用できる、段ボール箱やビニール袋を用いた足浴をご紹介しました。
 避難所生活においては、被災や集団生活によるストレスの解消が困難になります。足浴により血行がよくなることで、疲労回復や入眠効果を得ることができます。
 体験された方からは、「今まで自己流で足浴していたが、今後はさらに効果的な足浴ができそう」との感想もありました。
 日本赤十字社岡山県支部では、災害時に備え“地域で共助”を目的として県下各地において、非常食の炊き出しや救急法講習等を「赤十字防災啓発プログラム」として実施しています。
 ぜひ、「赤十字防災啓発プログラム」をご活用ください。

会場 日本赤十字社岡山県支部
実施日 2014/11/14