トップ > 活動内容 【活動報告】 > 「第33回蒜山高原マラソン全国大会」救護活動報告

「第33回蒜山高原マラソン全国大会」救護活動報告

 平成26年10月19日(日)、「第33回蒜山高原マラソン全国大会」において参加者の安全のために救護班を派遣し、医師、看護師、ボランティアなど19名が活動しました。
 当日は、蒜山高原スポーツ公園に救護所を設置するとともに、マラソンコースでは救急車での救護にあたり、擦過傷など、軽症の傷病者13名を処置しました。
 日本赤十字社岡山県支部では岡山県内で開催される大規模イベントなどにおいて、地域の医療機関などのサポート役として、参加者の安全のための活動を実施しています。

会場 蒜山高原スポーツ公園
実施日 2014/10/19