トップ > 活動内容 【活動報告】 > 「第4回倉敷国際トライアスロン大会」救護活動報告

「第4回倉敷国際トライアスロン大会」救護活動報告

 平成26年9月14日(日)、「第4回倉敷国際トライアスロン大会」において救護活動を実施し、医師、看護師等の赤十字職員及びボランティア23名が参加しました。
 岡山県支部では児島ボートレース場内に救護所を開設し、選手や観客らの救護にあたりましたが、幸いにも例年に比べて傷病者も少なく、19名の傷病者を処置しました。重症者の発生や医療機関への緊急搬送等はありませんでした。
 日本赤十字社岡山県支部では災害時のほか、県内各地で開催される大規模イベント等においても地域の医療体制をサポートする役割として、参加者の安全のため救護活動を実施しています。

会場 児島ボートレース場
実施日 2014/09/14