トップ > 活動内容 【活動報告】 > 「平成26年度岡山県総合防災訓練」に参加

「平成26年度岡山県総合防災訓練」に参加

 平成26年8月31日(日)、岡山県主催の「平成26年度岡山県総合防災訓練」が開催され、職員・ボランティア等、計52名が参加しました。
 日本赤十字社岡山県支部では救護所の設営、傷病者のトリアージと受け入れ、赤十字飛行隊による血液輸送、炊き出しを担当しました。
 トリアージエリアでは岡山市医師会と協働してトリアージにあたり、救護所へと傷病者を搬送しました。救護所では岡山市医師会が軽傷者を手当し、日赤岡山県支部は中等症、重症の傷病者の手当を実施しました。その最中、救護所で輸血用血液が不足し、緊急で血液供給を要するとの想定で、赤十字飛行隊岡山支隊のヘリコプターが出動し、岡山県赤十字血液センターと連携して血液輸送にあたりました。
 また炊き出し訓練では、岡山市赤十字奉仕団、岡山市御津赤十字奉仕団の協力により、早朝より約200食の非常食を炊き上げ、見学者や訓練関係者に配付しました。 
 訓練会場に設置した赤十字広報ブースにおいては、被災者へ配付される緊急セット・安眠セット等の展示とともに岡山県支部の多目的救急車を公開し、来場者に対し赤十字の災害に対する日頃からの備えをご覧いただきました。

会場 岡山港
実施日 2014/08/31