トップ > 【災害救護速報】 > 「東日本大震災」への対応(第13報)

「東日本大震災」への対応(第13報)

 4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)までの7日間、現地で復興支援活動を行うボランティア41名(男性30名・女性11名)を第2陣として宮城県気仙沼市に派遣しました。
 このたびの派遣は、3月30日(水)~4月5日(火)までの7日間、同じく宮城県で活動した先遣隊ボランティア4人に続く第2陣となります。
 第2陣はテントでの寝食を行いながら、気仙沼市小鯖地区で、がれきの撤去や被害を受けた家財道具の整理等にあたっています。
 活動地域では、強風や高潮被害等の困難もあります。
 「全ては被災者のために!」「被災者の苦痛軽減のために!」と、41名が一致団結し、活動しています。
 岡山県支部では、今後も継続して防災ボランティアを被災地へ派遣する予定です。
被災地での活動は危険も伴う

被災地での活動は危険も伴う


人海戦術で作業にあたる

人海戦術で作業にあたる


宿泊テントでのミーティング

宿泊テントでのミーティング


会場 宮城県気仙沼市
実施日 2011/05/02